女性薄毛の種類はこんなにあった!あなたの薄毛はどれでしょうか?

女性薄毛と一口に言っても、実は種類がたくさんあります。

どんな薄毛なのか症状で見極めて、原因がわかれば対処法も見えてきます。

女性薄毛の種類をまとめてみました。

あなたの薄毛はどのタイプですか?

「FAGA(エフエージーエー)女性男性型脱毛症」

薄毛に悩む女性の約半数が、このFAGAと言われています。

症状の特徴は、生え際から頭頂部にかけて抜け毛が増えるのと同時に髪が軟らかくなり
地肌が透けて見えるようになります。
最初は太い毛が抜けて、次に細く弱々しい毛が抜けるAGA(男性型脱毛症)と似ているのが特徴です。

FAGAの特徴
・頭頂部の毛が軟らかく密度が減る
・前頭部が後退して、ソリコミ状態になる場合がある
・男性のAGAとの違いは、頭頂部のみ薄毛が進行して生え際はキープされること
・40代から発症するケースが多く高齢に多く見られる
・30代前半から気づくケースも多い

FAGAの原因
女性ホルモンが加齢によって減り、男性ホルモンが優位になること。
また、祖父や父方の男性親族に薄毛の人が多いと発症しやすいとも言われています。

 

「慢性休止期脱毛症」

頭部全体の毛が薄くなる女性特有の脱毛症が、慢性休止型脱毛症です。
全体的に薄くなることと、髪の毛は軟らかくなっていないのがFAGAとの違いです。

 

慢性休止期脱毛症の特徴
・長くてしっかりした硬い毛が抜ける
・頭部全体が脱毛する
・生え際が後退したり、髪が軟らかくならない

慢性休止期脱毛症の原因
特定の要因はないと言われていますが、以下のものが原因になりやすいと言われています

・ストレス、疲労
・加齢
・亜鉛不足
・過度のダイエット
・貧血
・薬による副作用

「びまん性脱毛症」

慢性的に経過して、髪の密度が低くなった状態
FAGAや慢性休止期脱毛症、加齢による脱毛や若年性の脱毛症も

びまん性脱毛症に分類されています

びまん性脱毛症の特徴
・慢性的
・髪の密度が低下している

びまん性脱毛症の原因
・FAGA
・慢性休止期脱毛症
・加齢変化

 

「円形脱毛症」

円形脱毛症はほかの脱毛症にくらべ、進行の速度が速く
まばらに抜けるのではなく、発症した部分は全て抜けてしまいます。

単発型、多発型などいくつかの種類があり、アトピー体質を持っている人にも起きやすいです。

30歳以下で発症する人が80%、15歳以下で発症する人は全体の約15%と若い人に多いです。

円形脱毛症の特徴
・脱毛した周辺の毛を引っ張ると簡単に毛が抜けて、痛みもない
・脱毛した部分は、円形または楕円形
・抜けた髪の毛根が細くとがっている

円形脱毛症の原因
多くの場合は原因不明といわれていますが、
精神的ストレスや遺伝的要素も要因といわれています。

 

「産後(分娩後)脱毛症」

出産後2〜3ヶ月以内におこる脱毛症です。

出産後脱毛症の特徴
・出産後急に抜け毛の量が増える
・硬くてしっかりとした毛が抜ける
・分娩後半年ほどで通常は正常に回復する

出産後脱毛症の原因
・妊娠後期に急激に増えたエストロゲンが、出産後女性ホルモンが急激に減ることでそれまでたくさん生えた毛が一気に抜ける

 

「脂漏性脱毛症」

皮脂腺の炎症(脂漏性皮膚炎)などが原因で起こる脱毛症

脂漏性脱毛症の特徴
・頭皮に強い炎症が起き、その後毛が抜ける
・激しい痒みと痛みがある
・頭皮に赤み
・ふけがたくさん出る

脂漏性脱毛症の原因
・ホルモンバランスの崩れ
・ヘアワックスやスプレーを多用している
・シャンプーのすすぎ残し
・食生活の乱れ
・睡眠不足

 

「牽引型脱毛症・圧迫型脱毛症」

ポニーテールなど髪をギュッと引っ張って結ぶヘアスタイルや、カツラ、ヘアピンなどで、髪がひっぱられることで
毛が抜けたり毛幹が破壊されることで起こる。

いつも同じ分け目にしていても、同じような症状が起こることも。

牽引型脱毛症・圧迫型脱毛症の特徴
・髪の分け目の地肌が目立つ
・髪の毛を束ねている部分の毛の密度が少なくなっている
・切れ毛や枝毛が多い
・髪を引っ張ってもすぐには抜けない

牽引型脱毛症・圧迫型脱毛症の特徴
・ずっと髪の分け目を変えていない
・髪を結ぶことによって頭皮に負荷がかかりすぎている

 

一言で薄毛と言っても、こんなに種類がありました。

さて、あなたの薄毛はどのタイプですか?

私はFAGAタイプかなぁと思っています。

現在育毛剤を毎日朝晩使って、育毛&薄毛防止にはげんでおります。

そちらの記事も良かったらどうぞ>>>私の育毛実践記事はこちら