顔まわりの白髪はマッサージで改善できる!効果的マッサージのやりかた

悩ましい顔のまわりや分け目に目立つ白髪

白髪になる原因と、白髪をマッサージで改善する方法が、女性自身に載っていました。

簡単マッサージは効果が出るまで最低3ヶ月、しっかり続ければ白髪が減り髪にツヤも出るというマッサージのコツをご紹介します。

スポンサーリンク
アラフィフ薄毛(大)

白髪はマッサージで改善できる

「松倉クリニック」の育毛外来の医師田路めぐみ先生はご自身も若い頃から白髪や、薄毛に悩んだことからマッサージの重要性に気付きます。

そして、

「白髪はマッサージで改善することができる」

「原因となる血行不良やストレスを解消することで、新しく黒髪が生えてくる例はたくさんある」

と実感されたそうです。

「白髪は一度生えたらずっと白髪のまま」というのが定説の中、

「新しく黒髪が生えてくる」なんてとても心強い意見です^^

「白髪になる原因」

・髪の毛をつくるために、細胞は血管からたくさんの栄養を取り込む必要があるが
血管がどこかで滞ると栄養が届きにくく、細胞の活動が衰え白髪になりやすくなる

・頭皮が凝り固まって栄養を運ぶ血液が行きわたらず、メラノサイトが機能しなくなること

などが主な原因と考えられています。

とくに顔まわりの生え際や、髪の分け目に白髪が目立つのは血流が滞り冷えがちのため、という意見があります。

「こんな人が白髪になりやすい」

・ストレスが多い
・鉄分が欠乏してヘモグロビンが足りなく髪に栄養を運べない人
・睡眠不足

「白髪は遺伝する?」
病気の原因は遺伝が1/4
環境因子によるものが3/4

これを白髪に当てはめれば白髪になりやすい人でも、頭皮の環境を整えると75%はクリアできるとのこと!
遺伝がすべての原因にはならないようです。

白髪を増やさないためには、マッサージ!がおすすめとのこと。

マッサージで血行を改善することで、血流を良くし白髪を減らしましょう。

次からは具体的な方法をご紹介しますね。

効果的な白髪撃退マッサージ方法

頭皮をちょこちょこっと揉むだけでは効果なし。
頭蓋骨から頭皮をはがして持ち上げるようなイメージでしっかりとマッサージをします。

① 頭の筋肉につながっている耳のコリをほぐすと血流がスムーズになります。

両耳をつまんで軽く引っ張りながら、しっかりともみほぐし、
さらに引っ張ったまま深呼吸を三回。

頭皮の緊張を取り、血流がスムーズになります。

② おでこ全体をほぐす。

軽く手を握って、握った両手を眉頭の上に押し当て、眉毛を持ちあげるようにくるくる円を描くようにマッサージ

③ 頭頂部に指を広げて手を置いて、まっすぐ力をいれて全体をもみほぐす。
指をこまかく動かして、頭皮を骨からはがすイメージで。

④ 側頭部は、握りこぶしの平らな面を押し当てながら小さく円を描くようにほぐす。
老廃物がたまりがちな場所なので念入りに

⑤ 後頭部は握りこぶしの平らな面を、上から下に動かしながら

襟足ちかくまでまんべんなくほぐす。
しっかりと圧をかけて、骨を感じて。

⑥ 最後に老廃物をリンパから流しておしまい。
手を広げて、頭頂部から耳の後ろを通って鎖骨までスッキリ感じるまで流す。

※ 女性自身より引用

基本は1日1回
お風呂でシャンプーのついでにやるのもOK

とくに、白髪の生えやすい箇所は血行不良が起きていることが多いので
何度も重点的にマッサージをしましょう!

また、マッサージをするときは、息を止めたり歯を食いしばらないように
姿勢を正して前を向き、口を開き気味にして自然な呼吸で。

頭皮マッサージは寒くなる季節が効果的!

紫外線ダメージを受けた頭皮が髪に影響を与えるのは、数ヶ月後といわれ
夏のダメージは寒くなり始める時期に、出やすいのです。

さらに寒くなることで、血流も滞りがちに。

しっかり頭皮をもみほぐしておきましょう。

ただし焦りは禁物。 紫外線ダメージにタイムラグがあるように頭皮マッサージの効果が発揮されるのにも時間がかかります。
最低でも3ヶ月は続けましょう!

「まとめ」

確かに、常に頭皮マッサージを欠かさないという君島十和子さんは50代になっても白髪が無いそうです

私も頭皮マッサージの真似事はやっていたつもりなのですが

頭皮をちょこちょこ揉むだけでは効果は薄かったんですね^^;

しっかりと力を入れてグリグリと頭皮の血行を良くする

実際にやってみたら、頭の疲れも取れるようでとても気持ち良かったです。

あとは続けることかな・・・(笑)

手軽な頭皮マッサージャーも使ってます>>>

頭皮環境を改善できるドライヤーも愛用中>>>

スポンサーリンク
アラフィフ薄毛(大)
アラフィフ薄毛(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする