白髪 改善 予防する栄養素とは?食べるヘアケアご紹介

白髪になるのには様々な原因がありますが、栄養不足というのも原因のひとつと言われています。
栄養が不足すると、黒髪に必要な栄養分や色素も供給不足になります。
白髪を改善&予防できる栄養素と食べものをしらべてみました。

「白髪になる原因は栄養不足」

白髪は、髪の色を作り出す細胞メラニン色素が大切

メラニン色素
メラニン色素が足りなくなると白髪になります。

メラニン色素を作り出す細胞・メラノサイトがメラニン色素を作りだしますが、
そのためにはさまざまな栄養が必要です。

また、メラニン色素を作り出すには、チロシナーゼという酵素が使われ、
チロシナーゼを活性化するためにも栄養素が必要になります。

メラノサイトとチロシナーゼの働きをアップさせるために摂りたい栄養素を含む食べ物をご紹介します。

スポンサーリンク
アラフィフ薄毛(大)

「白髪改善と予防に摂りたい栄養」

1・ヨード(ヨウ素)

メラノサイトを活性化させ、細胞の成長も助けてくれる栄養

細胞の代謝を促して、成長を促進させる作用があるので、メラノサイトの働きを元気にし健康な髪の毛を育てる働きがあります。

ヨードを含む食品の代表は、昆布、ヒジキ、わかめ、海苔といった海藻類

魚介類では、イワシ、カツオ、サバなど青背の魚に含まれています。

昆布やヒジキが髪に良いと昔から言われているのは、ヨードが多く含まれているからだったのですね。

2・チロシン

髪の色を作り出す細胞メラニン色素のひとつです。

チロシンが不足していると、いくらメラノサイトが活発化しても髪の毛に色がつかなくなり、白髪の原因になります。

チロシンが含まれる食品は乳製品に多く
乳製品では、チーズ類のほか脱脂粉乳にも含まれています。

果物ではバナナ、アボカド、りんご

豆類では大豆、豆腐、アーモンド

魚介類では、カツオ、まぐろ、たらこ、ちりめんじゃこなど

3・銅

チロシナーゼの働きを活発化させるには、銅が必要になります。

ミネラルの一種「銅」は。体内で作ることができないため、食事で積極的に摂りたいもの。

穀類 そば、さつまいも、玄米
野菜類、ごぼう、ニンニク、パセリ、モロヘイヤ
豆類では、大豆、納豆、カシューナッツ
魚介類 エビ、カニ、ホタルイカ
果物 あんず、プルーン

4・鉄分
とくに若白髪に効果的な栄養は鉄分

出産後白髪が急に増えた
と感じたら、妊娠出産で鉄分が大量に消費されてしまっているので、鉄分を積極的にとりましょう。

豚レバー、鶏レバー、牛赤身肉、カツオ、マグロ、あさりなど

5・ビオチン

補酵素として働く水溶性ビタミンのビオチンは
糖質、脂質の代謝をよくし、髪や肌のトラブルにも役立ちます。

ビオチンが不足すると、髪が抜ける、白髪が増えるなどの症状があらわれます。

鶏レバー、牛レバー、豚レバー、
卵黄
ナッツ類では、バターピーナッツ、ひまわりの種、アーモンド
魚介類では、かれい、あさり、たらこ、のりなど

「まとめ」

食べ物で白髪を予防できるものをあげてみましたが
他にはストレスを減らすこと、頭皮マッサージも白髪のために有効なケアです。

血行のよい頭皮環境が保たれれば、メラニン色素を作る機能も改善され白髪が増えるのを防ぐことができるようになります。

頭皮マッサージを習慣にしてみましょう。

みうらじゅんさんの頭皮マッサージはこちら>>>

林真理子、湊かなえさんが愛用する頭皮マッサージャーについてはこちら>>>

スポンサーリンク
アラフィフ薄毛(大)
アラフィフ薄毛(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする