女性薄毛を予防するシャンプー徹底解説もうシャンプー選びに悩まない!

女性にも多い薄毛&抜け毛の悩みですが
シャンプーを見直すだけでも、かなり予防&改善されるとも言われています。
薄毛と抜け毛に良いシャンプー、反対にダメージを与えてしまうだめなシャンプーの選び方をまとめてみました。

「抜け毛が気になるときはシャンプーを見直そう」

髪がパサパサ、抜け毛が多いと感じたらシャンプーを見直すとき!

よく私たちは「シリコン」入りか「シリコン入りじゃないか」で選ぶのですが
大切なのは洗浄成分である界面活性剤です。

界面活性剤に「刺激が強い成分」が使われているか使われていないかが一番重要だったのです。

なぜなら、髪の毛自体は「死んだ細胞」
コーティング成分で髪を手触りを良くすることはできても、栄養を与えても無駄と言われています。

本当に気づかうべきは「毛根」と「頭皮」
毛根と頭皮にとって優しい成分で洗ってあげることが、髪にとって一番効果的なのです。

 

「頭皮に優しいおすすめシャンプー成分」

頭皮に優しいシャンプーは、アミノ酸系ベタイン系と言われています。
アミノ酸系には全成分に「〜グルタミン酸」とか「〜アラニン」といったアミノ酸の名前が入り
ベタイン系には「〜ベタイン」とベタインの名前がはいります。

 

・アミノ酸系シャンプーとは
アミノ酸由来の洗浄剤
・髪に対して保湿効果が期待できる。

・必要な皮脂を取りすぎない

・泡立ちと洗い上がりがやさしい

・弱酸性

頭皮に洗い残しがあるとかゆみの原因になるのでしっかりと洗い流すことが大切。

グリシン
ココアンホ
グルタミン
ココイル
ヤシ油脂肪酸

と成分の最初に表記されているものがアミノ酸系のシャンプーです。

 

・ベタイン系シャンプーとは
天然成分からつくられた洗浄剤
両性界面活性剤で刺激が少なく、髪に対して柔軟効果がある。

 

ラウラミドプロビルベタイン
コカミドプロビルベタイン

などがベタイン系のシャンプーです。

高級でかつ安心洗浄剤の代名詞です。

 

シャンプーの裏のパッケージを見て、アミノ酸系かベタイン系だったら使うのはおすすめ。

頭皮への刺激が弱く、髪へ柔軟効果を持つ。

 

 

 

「頭皮に刺激が強いシャンプーの成分」

頭皮に優しいシャンプーもあれば、反対に刺激が強すぎて頭皮を傷めつけてしまうシャンプーもあります。

洗浄力強く、刺激も強い成分の代表は硫酸系

石油系高級アルコール系の合成界面活性剤が使われています。
洗浄力が強く頭皮の皮脂を奪いすぎ、たんぱく質の変性作用もあるので髪を傷めてしまいます。

硫酸系の表記があるシャンプーは要注意です。

 

・硫酸系シャンプーとは
洗浄力が高く、価格は安いため、市販のシャンプー剤によく使われている。
高級アルコール系、石油合成系洗浄剤ともいわれている。

 

ラウレス硫酸ナトリウム
ラウリル硫酸ナトリウム
ラウリル硫酸アンモニウム

など

 

原価が安く価格の安いシャンプーを中心に配合されているが、価格が高めのシャンプーやオーガニックを謳っているシャンプーにも配合されていることがよくあるので油断できない(笑)

 

イメージだけで良さそうなシャンプーと思っても、この3つが配合されたものは選ばないようにしましょう。

 

 

石鹸シャンプーは髪と頭皮に優しい?

石けんというとそれだけで優しい成分のように感じませんか?

私も一時期石けんでシャンプーをしていたのですが、実際はどうなのかな〜と調べてみると・・・

石けん系シャンプーは

安価で環境に優しい反面

・洗浄力が強い

・頭皮への刺激が強め

・洗い上がりがごわつく

・育毛ケアには向いていない

など、髪と頭皮には決して優しくないことがわかりました・・・。

とくに私がかつてやっていたように、石けんそのものを頭皮にゴシゴシあてて髪を洗うのは要注意です^^;

 

 

 

「ノンシリコンかシリコン入りか」

シリコンとは?
シャンプーに入っているシリコンは、人工的につくられた高分子のポリマー
髪の表面を皮膜でコーティングして、髪の指通りを良くするために開発された成分です。

髪の指通りが良くなっても、それは表面にコーティングがされているだけ。
イメージでいえば、床にワックスを塗ったような感じです(笑)
髪の傷が治っているわけではなく、そのツヤや手触りは一時的なものです。

 

シリコンは頭皮に詰まる?
シリコンが悪いと言われるようになったのは「シリコンが頭皮につまる」という情報が流れてから。

ところが、実際はシリコンが頭皮に詰まることは無いと言われています。

頭皮の細胞は新陳代謝をしていて常に生まれ変わっていて、角質表面にシリコンがついても問題はないそうです。

ただ、髪にコーティングがされてしまうので、パーマやカラーがかかりにくくなる。
そこだけは注意が必要です。

なので、シャンプー選びではシリコン入り無しよりとにかく界面活性剤に何を使っているか
に注意しましょう。

 

 

「美容室のシャンプーと市販のシャンプーの違い」

市販のシャンプーはあらゆるタイプの髪に合わせた「平均値のシャンプー」

かたや、美容室で買うことのできるサロン専売品は
何かの性能が抜き出ていたりする「特化型のシャンプー」

例えていえば、市販のシャンプーはドラッグストアで自由に選べる薬で、
サロン専売品シャンプーはお医者さんが診察をしてから出す薬です。

 

また、市販のシャンプーは
使う人の髪の状態がわからないので、補修成分のシリコーンなどのコーティング剤が多く含まれているのに対し、
サロン専売品のシャンプーには、基本的にはシリコーンは入っていません。

 

美容師さんが髪の状態を見て選ぶので、サロン専売品を買うときは、知識が豊富な美容師さんから買うことが大切です。

 

「まとめ」

シャンプーを見直すだけでも薄毛を予防できるって知ると、希望があふれてきますよね^^

ちょっと面倒かもしれませんが、シャンプーを買う前にはクルッと裏を見て

安心の成分か、確認して買ってみましょう♪

意外なことにドラッグストアなどで売っている有名シャンプーは硫酸系が多いことに衝撃が・・。

とは言ってもお店でクルッと裏を見て、なんて作業は老眼の私には無理です(笑)

なので、気になるシャンプーはネット成分をじっくりと見てから買うのがおすすめです。

 

さらに、「オーガニックシャンプー」と販売されていても

洗浄成分は硫酸系のものもありました!

オーガニックとか自然派と書かれていると、それだけで優しい成分かと思ってしまいます^^;

怖いですよね〜

気をつけましょうね。