ドライヤー大風量速乾性タイプビックロで人気機種の比較と口コミ

高機能のドライヤーがどんどん発売されていますが、美容師さんがおすすめするドライヤーは「乾くのが早い」「軽い」とこの2つだけだそうです。
乾くのが早いと髪が長くてもストレスにならないし、時間が無いときにもしっかりと乾かすことができます。
さて、速乾性のあるドライヤーってどんなのがあるのでしょう?気になって調べてみました。

新宿の新名所(と自らが歌を作って放送している)ビックロにドライヤーを見にいってきました。

風力が強くて乾く時間の短いものが気になっていたのですが、同じことを考えるひとは多いようで「大風量イオンドライヤー人気機種」の並んだコーナーがありました。

ちゃんと順位が付けられていて3位から順に

スポンサーリンク
アラフィフ薄毛(大)

「3位:風量が一番強いダイソンドライヤー」

独特なデザインが衝撃的なダイソンのドライヤー
風量は2.4m3/分
1200W
630g

ダイソンドライヤーの特徴

その強さは台風レベル
最強にして顔の前に置くと、風量が強すぎて息をすることができないと言われています(笑)

髪にブワーッと風が広がる感じではなく、前方に吹き抜けるタイプなので狙った箇所を乾かしやすいです。

静電気を抑えるマイナスイオンも発生します

最近のドライヤーは2万円越えも増えてますが、ダイソンはそれを遥かに超える4万超え。
ここだけが残念というか、これだけの機能ですから仕方ないのか^^;

dysonドライヤーを愛用している人の口コミ
良い口コミ
・台風みたいな風量が頭皮に直接届き乾かしてくれます。
・風力は高いのですが、音は半分くらいに感じます。
・乾かすと髪がボリューミーに仕上がります。

いまいちな口コミ
・キーンという高音が気になる
・値段が高い。今まで使っていたドライヤーの5台分
・風量が強すぎてバサバサになる

「2位:ハイパワーのテスコムプロテクトイオンヘアードライヤーIBK3000 」

 

1.9m3/分
ハイパワー1300W

約560g(本体のみ)

6,458円(税込)

ハイパワーのドライヤーは1200Wがほとんどの中、1300Wですからこれはスゴいです。

テスコムプロテクトイオンドライヤーの特徴

・ビックカメラグループのオリジナルドライヤーです。

・マイナスイオンとプラスイオンが同時に出る、プロテクトイオンが
静電気を起こさず、髪の広がりを抑える
・専用スタインドが付いており、ハンズフリーでドライヤーをかけることができる

・風量が手元のダイヤルで調整できる

「テスコムのプロテクトイオンヘアードライヤーの口コミ」
良い口コミ
・風が熱すぎないため頭皮に優しく乾きがとても早いです。
・ハンズフリー用の台座が付いてるのも良かったです。
・プロテクトイオンを使うと静電気が抑えられるのが良いです

いまいちな口コミ
・最大の風量にするとうるさすぎる音でした。
・今まで使用していたものより重みを感じます
・ホットの強風が少しぬるい

そして栄えある第一位は!

「1位:圧倒的な風力 KOIZUMI MONSTER ダブルファンドライヤー マイナスイオン」


2.0m3/分
1200W

約675g

価格オープン価格 5000円台

速乾性に定評のあるドライヤーといえば、コイズミのモンスター

コイズミモンスターダブルファンドライヤーの特徴

・2つのファンのパワフルな風
形状の違う2つのファンを組み合わせることで
より多くの風を早く届けることが可能になりました。

・速乾用ノズル付き
乾燥スピードをより高めるノズルが付いています。

・スイッチが押しやすいデジタル製

・まとまりもよい

「モンスターダブルファンドライヤーの口コミ」
良い口コミ
・風がとても強くてすぐ乾く。夏は特に最高
・期待していた以上の時短です!!
・ロングヘアーがあっという間に乾く

いまいちな口コミ
・音がうるさい
・熱は通常のドライヤーより弱め
・思ったより大きい

「まとめ」

大風量速乾性を求めている人って多いようで、この他にもたくさん風量の強いドライヤーが販売されていました。

安いものなら2000円台から(マイナスイオンは出ない)高いものは4万円台まで。

これ、迷うというかもうワケが分からなくなります(笑)

口コミを調べていると、一台のドライヤーじゃカバーできないので複数台持って

乾かすのは大風量で、セットはこっちのドライヤーでと使い分けている人も多かったのにはちょっと驚きました。

あと、家族全員が「マイドライヤー」を持っているけど、忙しい朝は

「大風量ドライヤーの奪い合いになる」なんてお宅もありました。

わかるわ〜。

スポンサーリンク
アラフィフ薄毛(大)
アラフィフ薄毛(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする