ダイソンドライヤーお試し本音の口コミ!髪がパサパサ音がうるさいって本当?

ドライヤー

憧れのドライヤーNO1といったら、なんと言ってもダイソンではないでしょうか?

価格は超強気の40,000円超え、個性的なルックス
美容のプロにも愛用者が多い

しかし一方で悪い口コミもちらほら

いつかは使ってみたいと思っていた私

ついにダイソンドライヤーデビュー

ダイソンドライヤー本音の口コミです。

「ダイソンドライヤーを使ってみようと思ったわけ」

ダイソン公式オンラインストアはこちら>>>

ずっと気になるドライヤーでした
ダイソンドライヤー

しかし手持ちのドライヤーは壊れているわけでも無く
ダイソンドライヤーはお値段高いし、そのうちお金でも貯まったらなんて思っていたんです。

ところが友人からこんな話を聞いて使ってみたくてたまらなくなったのです

私の友人のさらに友人が、今年になってドライヤーをダイソンにしたら
「白髪が前より増えなくなった」そうです。

えー?! 白髪とドライヤーどんな因果関係があるの???

 

私自身は簡単に染めれるカラートリートメントに出会ったので、

白髪が増えることはそれほど気にしていないため

この段階ではサラッと聞いておきました。

それからさらに数ヶ月たった先日
友人が興奮気味に教えてくれました。

「あのダイソンドライヤー使ってる○○ちゃん。
久しぶりに会ったら髪の毛がツヤツヤになってたのよ!」

と言うではないですか!!

友人曰く、その女性は髪を明るめのカラーリングをしていて以前はパサパサヘア

それがダイソンのドライヤー効果で、いままでと全く違うツヤのある髪になっていたというのです。

使ってみたい!!

私の髪質は「超パサパサのうねり毛」
これにかなり悩んでいます。

少し前までは諦めモードで、髪を結んでごまかしていたのですが
いつまでもごまかしているのは嫌だ!

今年は艶髪になるぞ、とあれこれ試しているところなのです。

しかし、ツヤツヤとまではなかなか行かないのが現状です^^;

 

ぐずぐず思い悩んで後から

「もっと早くから使っていれば」
と思うのは私の悪いクセ

エイっと、ダイソンドライヤーを使うことにしました。

「ダイソンドライヤーの特徴と原理」

ダイソンのドライヤーはここ数年雑誌のドライヤー特集で
必ず上位(ほとんど1位)に選ばれたり、美容家さんや美容師さんが
こぞって使っている人気商品ですが

 

どこがそんなにすごいの?
正直形は超個性的ですが、それ以外の部分は風が強い

ってことしか知らなかった私

じっくり調べてみました。

ダイソンドライヤーの特徴は大きくわけて5つ

 

1『髪をすばやく乾かす』

髪をすばやく乾かすために必要なのは、風圧の高いパワフルな風

ダイソンは、毎分最大110,000回転の高速回転モーター(エアマルチプライアー)
が採用されています。

一般的なドライヤーは、毎分12,000程度の超遅い回転モーターを使っているものも
あるというので、その違いは歴然です

 

2『温度センサーが熱を上げすぎない』

髪をブローしていると、熱がどんどん上がっていくことがありますが

ダイソンドライヤーは、温度が上がりすぎないように自動コントロールする機能付き

 

ダメージを防いで髪のツヤを守ることができます。

 

3『バランスを重視した設計』

一般的なドライヤーはモーターはヘッド部分ですが
ダイソンドライヤーはモーターが、ハンドル部分にあります。

大きさは直径わずか27mm
重さもたったの52g
一般的なドライヤーの約半分程度です

ハンドルにモーターがあることで、バランスが良く安定性のある
デザインになりました

 

4『ナノサイズのイオンが発生する』

マイナスイオンが静電気をおさえ、髪のまとまりをよくしてくれます。

髪に必要な水分をキープするためには、スピーディに乾かすことが大切ですが
ダイソンドライヤーはすばやく乾かすことができるので
髪の過乾燥を防止できます。

 

5『髪のスタイリングがしやすいなめらかでコントロールされた風』

ダイソンドライヤーにはスタイリングの用途別に
3つのアタッチメントがあります

・手ぐしで乾かすとき「ダイソンスムージングノズル」

なめらかで広がった風でやさしく乾かすことができます

・ブラシでブローするときは「ダイソンスタイリングコンセントレーター」

ピンポイントでブローしたい場所に風圧の高い風をおくることができます

・カールやパーマをキープするには「ダイソンディフューザー」

風を広く分散させることができるので、くずれやすいカールやウェーブが
キープされます。

 

特徴を知るとさらに興味が湧いてきますが
いよいよ私が実際に使った感想です

 

「ダイソンドライヤーを使ってみた」

届いたときにまず感じたのは、箱が思ったより大きくないこと

家電量販店で何度も何度もチェックしてきたのですが
お店で見るととっても大きくてゴツく見えてました

巨大な箱で届くかと思いきや、大きさは雑誌よりちょっと大きい程度
高さも9㎝程度しかありません。

あけてみると・・・・

こんな風にきっちりと綺麗にパッキングされています。

箱の反対側にクッションがついて衝撃で製品が傷まないように細心の気配りがされていました

さっそくその日使ってみました!

ダイソンドライヤーの風速は3段階(左側のボタン)
スピードドライ・モード
レギュラードライ・モード
スタイリング・モード

風温は4段階(右側のボタン)
速乾/スタイリング
標準
保温/スカルプモード

冷風/コールドショットは
ハンドルについているボタンです

いきなり速乾モードでブワッと髪にあてると
かなりの衝撃がありました。

はっきり言って爆風です(笑)

 

でも、この風が熱くないのです。

ずっとあてていても、風の温度が上がっていくことが無いのに
驚きました。

 

風の当たり方も、これまで使ってきたドライヤーとは全く違います

真ん中の空洞部分から送られてくる風はパワフルだけど熱すぎない

そして何より乾くのが早いです!!

 

いつもは一度に乾かすと、この季節は暑くなってしまうので
途中でいったんやめて
スキンケアとかやって再びドライヤーをかけていたのですが
ダイソンドライヤーは一気に乾かすことができました。

時間もかなり短縮できたと思います。

そしてその仕上がり!
私のパサパサうねうね髪が、ボワっと膨らんでいないのです。
いままでに無い落ち感

 

 

さらに・・・
夫に写真を撮ってもらったら
まさかの天使の輪?!

この私のパサ髪にツヤらしきものが出ていたんですよ(感涙)

ダイソンドライヤーで乾かした髪

ハンドブローだけで、ブラシも入れていません。

このまま使っていったら、私も艶髪が夢ではないかも!

思いきって使い始めて良かった

 

こちらは以前の画像です。

もちろんダイソンじゃないドライヤーで乾かした状態

我ながらひどいパサ毛とうねりの上に、すごーく広がってます

しかしこれでもマシなほう、以前はもっとひどかったのですよ(泣)

 

 

 

 

さて、私はダイソンドライヤーが今の所かなり気に入ってますが
口コミを見ていると全ての人が全て気にいるわけでは無く

ちょっと悪い口コミもあったりします。

なかでも
「音がうるさい」「パサパサすると」
という意見もあるようです

「ダイソンドライヤーはうるさいのか?」
実際に使ってみると、普通のドライヤーの音とはちょっと違うんですよね

一般的ドライヤーのゴーっという音ではなく、大風量だけど私はさほど気にならなかったです。

口コミを見ていると

「飛行機系エンジン音に感じるけど嫌いじゃ無い」
「掃除機の音」というご意見があり
それを読んで「なるほど」と納得

夫は「オープンカーに乗っているみたいな感じ」

と言ってます(笑)

 

モーターはパワフルだけど、不快な周波数を低くするように調整されていて
振動や運転音も低くおさえるように設計されているそうです。

音だけじゃなく、周波数や振動も控えめに作られているんですね

 

「ダイソンドライヤーはパサパサする?」

口コミで多いのが「髪がパサパサになる」というもの

パサパサになるかな〜?
もともとが超パサパサ髪の私は、おそるおそる使いましたが
パサつくことはありませんでした。

ホッ

ただし風量が強い分注意しないとパサつくかな?
とは思います。

実際口コミを見ていると、パサパサしたけど使い方に注意をしたらしっとりするようになったという意見もありました!

具体的に
ダイソンドライヤーで髪をパサパサにしないコツは

・ドライヤーは15㎝以上離して使う

・最初はある程度速乾モードで乾かし、その後は風量を弱くする

・下から風を当てないで上から当てる

・最後に冷風をあててキューティクルを締める

などが髪をパサつかせない裏技(?)です。

また裏技を発見したら、追加していきますね。

 

現段階では、私はダイソンドライヤーにして大正解だと感じています

髪のパサつきやダメージが気になる方には

おすすめしたいかも。

友人に教えてもらって良かった♪

 

ちなみに私は、ダイソンドライヤーをレンタルで使っているため月々1050円という

格安価格です。

 

詳しくはこちらの記事へどうぞ

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎

ダイソンドライヤーをレンタル!ダイソンテクノロジープラスを利用した感想

 

ダイソン公式オンラインストアを見てみる>>>