天然毛獣毛ブラシ選びに迷ったら!エクセル獣毛ブラシが洗えるコスパ良しでおすすめ

美髪のために欠かせないブラッシング
ブラッシングに必要なのはブラシですが、私が最近買ってみて良かった天然毛のブラシエクセル獣毛ブラシをご紹介します。

エクセル獣毛ブラシ S型ブラッシングブラシはこんなブラシ

ベス工業というプロ仕様のブラシを作っている会社のブラシです

・天然毛100%
天然毛はナイロンブラシと比べ、静電気がおきないと言われています

・エクセル獣毛ブラシはコシのある猪毛とツヤ出し効果のある豚毛をミックスしたブラシ

・S字の持ち手が手になじみやすくブラッシングがしやすい

・天然毛だけど洗うことができる

静電気が枝毛の原因になることもあるので注意が必要。
ブラッシングをしたときに、バチバチと静電気が起きるならブラシを天然毛にしてみると良いかと思います。

大抵獣毛のブラシは、猪毛か豚毛です。
よく髪の量が多くて硬い髪の人は猪毛、髪が柔らかく量が少なめの人は豚毛が良いと言われていますが
このブラシは、猪と豚毛のミックスタイプなので、どんな髪質の人でもOK

私が一番素晴らしいと思っているのは、天然毛ブラシなのに洗うことができるんです!

これまで天然毛のブラシはいくつも使ってきたのですが、洗えるタイプは売ってなかったのです。

シャンプーでせっかく髪や頭皮をキレイにしても、毎日使うブラシが汚れているのってどうよ?
って思っていたので、このブラシを見つけたときはヤッタ!と嬉しくなりました。

柄が樹脂でできているのでとても軽く
お値段も1000円台ととても安くコスパ抜群です(笑)

エクセル獣毛ブラシの注意点

・ドライヤーの熱風には弱いので、ブローブラシには向かない

・天然毛のため、整髪料などを直接ブラシにかけるとブラシの毛が変質する

・使い始めや、湯洗いしたときは天然毛特有の匂いがある

なおブラシが汚れたときは、水洗いか中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗い流し、よくすすいで陰干しをします。

スポンサーリンク
アラフィフ薄毛(大)

エクセル獣毛ブラシを使ってみた感想

獣毛のブラシって、ブラシによっては頭皮に毛があたらないものがあります。
これって気持ち良くないのですが、エクセル獣毛ブラシはちゃんと当たります。

ここでまず合格。

柄が樹脂せいのため軽いし、毛がびっしりと植え込まれていないので梳かしやすい。

ぎっしりと毛が入っているものより、使いやすいです。

ブラッシングをすると、ツヤが出て髪がまとまりやすくなる。

私は持ちやすいと言われているS型タイプを買ってみましたが、正直使いやすさはあまり実感できていません。
だけど、ブラシも頭皮にちゃんと当たるし、ブラッシングで髪にツヤを出したいときにはとても便利です。

持ち手は樹脂なので正直、高級感は無いです。

価格も安いので、そこは目をつぶって(笑)

頭皮が敏感な人用のブラシもあります

私が買ったショップにも数種類のブラシが置かれていましたが
ベス工業のサイトをみると種類がとても豊富です。

エクセル獣毛ブラシも、S型のほかブラッシングブラシの大小に携帯に便利な折りたたみタイプ(!)

地肌が弱い人や髪が薄い人のために作られた「地肌の痛くないブラシ」というシリーズもあります。

地肌が痛くないシリーズは、髪にやさしい豚毛を使用
頭皮にあたっても痛くないように、毛の長さをまっすぐに切りそろえられています。

頭皮が敏感な方はそちらを選ぶとよいかと思います。

「まとめ」

ブラシは高価なものもたくさん売られていますが、私はブラシは一生モノじゃないと割り切ってます。

毎日使うとどうしても汚れるし、毛も広がってきますから。

なので、品質がよくてお値段の安いエクセル獣毛ブラシはとても嬉しい♪

スポンサーリンク
アラフィフ薄毛(大)
アラフィフ薄毛(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする