阿川佐和子さんの髪型はセルフカット!自宅で髪をカットするコツあれこれ

阿川佐和子髪型

エッセイストの阿川佐和子さんは雑誌などで、

セルフカットをしていることをよくお話されていますが

新刊のエッセイにとても詳しくセルフカットに至った経緯や

手法(?)が載っていました。

これがとても面白かったので、しっかりとメモ。

いつかは真似してみたいです。

 

阿川さんのエッセイは相変わらず面白い^^

 

「阿川佐和子がセルフカットになったきっかけ」

「なぜ阿川さんはセルフカットをしているのか?」

ここって気になりませんか?

その答えは「ご両親の介護で忙しくなったから」でした。

最初にお母さんが心筋梗塞の手術を受けることになり

世話とアフターケアで大忙し。

さらにお父さん(故阿川弘之氏)が自宅で転んだのをきっかけに肺炎になる。

毎日アタフタと忙しいなかで美容院になんて行ってられなくなったそうです。

 

洗面所の鏡を見ながら「美容室いきたいなぁ」と思ったときに
鼻毛切りばさみが目につき、少しずつ切っているうちに

段々大胆になっていき本格的にカットを自分でするようになったようです。

 

追記:

以前は美容院でいろいろやっている間に、資料を読んだり
仕事に関することができたけど、老眼になりメガネが必要に。

 

雑誌もメガネが無いと読めなくなり
大切な3時間何もできないことが
とても悔しくなったのだそうです。

 

阿川さんにとってのセルフカットは

・労力と時間をロスしない

・憂さ晴らし

の2つの局面があるようです。

 

カットするのは、むしゃくしゃしたとき(笑)

下手すると5日に1回くらい切っていたりするんですって!!

 

「阿川佐和子流セルフカットの準備と道具」

 

自宅でカットをするとなると、私が一番気になるのは
「切った毛の処理」

美容室でカットしてもらうと、それほど短くしなくても

ビックリするほど毛が床に散らばります。

 

さて、阿川さんはどうしているのかというと・・・

1・大きな段ボールを洗面所のシンクに載せて蓋をする
2・上半身裸になるか、首元にビニール風呂敷を巻く
(切った髪が衣服につかないようにするため)

上半身裸だったんですねっ!

 

察するに裸なのは暖かい季節で、

ビニール風呂敷使うのは寒いときなのでしょうね。

 

カットには道具が必要というわけで阿川さんが使っている道具ですが

鼻毛切りはさみと手鏡

鼻毛切りはさみは先が丸くなっているので

間違って皮膚を切ったりする心配が無いから。

のちにハサミはベルリンで買ったアンティークの床屋さんのはさみも加わり
さらにテクニックが上昇。

 

阿川佐和子さん愛用ヘアケアグッズ  ※美STより転載

小さな鼻毛用ハサミと小ぶりのアンティークのハサミ つげの櫛

奥にあるのはシャンプーブラシです。

30代のころ薄毛が気になってきたと

対談で漫画家の東海林さだおさんに打ち明けたら、送ってきてくださったそうです。

これを使って洗うと「ネイルをしていてもグワグワ〜と洗える」のだとか(笑)

 

 

東海林さだおさんは、「ハゲないように」

あらゆる策を講じてきたと豪語する御仁

 

現在80歳をすぎてらっしゃいますが、昔よりずっと髪の量が多いんですよね〜。

ちなみに一番効果があったのは、「リアップX5」なのだそうです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第1類医薬品】リアップX5(60mL)【8_k】【リアップ】【送料無料】
価格:6458円(税込、送料無料) (2018/8/8時点)

 

みうらじゅんさんもそうですが、大人の男性で髪の量が多い人はやはり何かをやっている(笑)

 

 

さて、阿川さんのお話に戻します^^

シャンプーブラシは使ったのと使わないのとでは大違いですよね。私も愛用してます。

 

さて、肝心の切り方ですがこれがまたオリジナリティに溢れています

「阿川さんのセルフカットテクニック」

まず、髪の毛全体を両手でつまみ上げながら

「どのあたりがモサモサしているか」をチェックする。

 

丁寧にチェックをすると、部位によって伸びる速度に差があることがわかり

そこらへんを重点的にすいていけばモサモサ感が軽減される。

 

阿川さんの場合は、耳の後ろあたりの髪が伸びやすいそうです。

基本的にショートで、前髪は眉が隠れるか隠れないか

後頭部は段階的に短く(ってすごい!)

側頭部は耳にかぶせたり変化ができる長さに。

カットは髪をひと束つかみ、ハサミを縦に入れながら切る。

これは美容師さんに切ってもらっていたときに

鏡越しにテクニックを観察して覚えた切り方。

手鏡で後ろのカット具合を確認して

量が多かったらまたカットを繰り返す。
左右対象には厳格にこだわらない。

 

顔の輪郭に沿った髪を切りすぎなければ

後ろや横が多少アンバランスでもなんとか形になるそうです。

「阿川佐和子さんのヘアカラーヘアセット」

阿川さんのショートカットってふんわりとしたショートですが

これは逆毛とヘアーアイロンを使っているそうです。

逆毛も段々上達してきて、あのふんわりとした女性らしいショートをキープ。

雑誌の対談時は、ホットカーラーで巻いたりもしています。

顔にシミ、シワ、たるみが増えるにつれ

毛先がツンツンとしたストレートは似合わなくなりアイロンが重宝になったそうです。

パーマは5年間の間にかけたのは2回だけとのことです。

 

「阿川佐和子さんがショートヘアにした理由」

阿川さんって以前はボブでしたよね?

ご本人も一番似合っていた髪型「黄金時代の髪型」と言っているのが

肩につくかつかないかくらいのボブスタイル

しかし30代半ばのころ、急に抜け毛が増えて

髪への負担を軽くしようとショートカットにしたのだそうです。

阿川さんも抜け毛に悩んでいたんですね。

 

その後何度かボブに戻そうとしたけど周囲の

「アガワはショートが似合う」の声に負けて髪を伸ばすことを断念。

これってヘアスタイルあるあるですよね。

自分ではあの髪型が一番にあっている!

と感じているものと、周囲が似合うというものが違う・・・。

 

ところが阿川さん映画の役柄で、ボブのかつらを被ってみることになり

自信満々に被ってみたら「全然似合ってない」と愕然としたそうです。

アガワさんが気づいた結論は、その髪型が似合っていたころの自分と

顔が全く違っていたこと。

自分が気に入っていたかつての髪型にすることで

顔の老化があらわになってしまったと。

 

これを聞いてちょっとショック。

私も黄金期の髪型というのがあって

何十年ぶりかでそれをやりたくて今髪を伸ばしていたんです(もうラストチャンスかと)

でも、きっと私ももうその髪型きっと似合ってないんだろうなぁ・・・。

怖いなぁ、でも怖いもの見たさでやってみようかな(笑)

 

 

 

 

阿川佐和子さんのヘアカラー

阿川さんはヘアカラーはどうしているのかでしょうか?

ヘアカラーももちろん、ご自分でされているとのこと。

 

 

マツキヨなど薬局に行き「どのカラーが一番染まりますか?」

と店員さんに聞いてカラー剤を選んでいるそうです。

さすがインタビューの名手!

 

「阿川さん、このカラートリートメントも良く染まりますよ」
と教えてさしあげたいです
↓   ↓

マイナチュレカラートリートメントを詳しく見てみる>>>

 

マイナチュレカラートリートメントは染まりにくいと
敬遠しがちだった私が愛用しています。

詳しいレポートはこちらへ>>>