手塚理美さんが白髪に移行中!60歳に向けて3年計画のシルバーヘアに

白髪、グレイヘア、シルバーヘア
呼び方がいろいろ登場するほど、白髪がちょっとしたブームになっていますが

女優の手塚理美さんが現在シルバーヘアに移行中
きっかけや手塚さんの具体的なシルバー化などが、雑誌クウネルに載っていました!

ku:nel(クウネル) 2018年9月号 [髪型を変えるとどうしてきれいになるの?]

こちら現在の手塚さん

※ クウネルより転載

びっくりするほど以前と雰囲気が変わっています。

ベリーショートしかもカラーはかなり明るめ

これは白髪に移行するためのものです。

スポンサーリンク
アラフィフ薄毛(大)

「手塚理美さんが白髪にしようと思ったわけ」

手塚さんといったら、ワンレングスのボブかロングヘア
カラーは真っ黒のイメージ

こちらは、昨年の手塚さん ※雑誌クロワッサンより転載

私は正直、手塚さんは現在のアバンギャルド系ショートより

コンサバワンレンの方が似合うように思うのですが・・・。

好みの問題ですね^^;

若い頃は、髪が太くて硬く量もたっぷり

ところが、出産を機に髪が細くなってきて
30代後半ころから白髪の悩みが出てきたそうです。

黒く染めても3日ほどで短い白髪がツンツン

(わかるわ〜)

髪が傷むし染めたくなかったけどカラーは月2回
短い白髪をマスカラで隠していたのは

「人前に出る仕事だし綺麗にしていなくては」という思いから

しかし、この雑誌を見てシルバーヘアにしよう!
と思ったそうです

クウネルの1月号です

大人の髪型全般の特集ですが
白髪にフォーカスしたページがたっぷりと載っています。

私もこのクウネルを見て、白髪にあこがれ始めたので手塚さんの決意がわかります。

「手塚理美さんは3年計画でシルバーヘアに移行中」

さて、白髪にするには移行期間が必要です。

移行期をどう過ごすかは人それぞれ

手塚理美さんは

ブリーチと白髪染めを併用しつつ
髪全体を明るくして、すこしずつシルバーヘアに移行中

髪色を明るくすることで、白髪とそうじゃない髪色がなじんで

自然に見えるためストレスがなく、
毎回色を変えて楽しんでいるそうです。

カラーは2ヶ月に一度なので、以前の月2回白髪染めをしていたときよりずっとラクなのだとか。

「これからシルバーヘアにする」

と周囲に宣言もしたことで気持ちも楽になったそうですよ。

バラエティなどに出演するときは
現在のカラーリングしたベリーショートのまま

ドラマに出演されるときは
かつらを着けていらっしゃることもあるようです。

最近のカツラはかなりナチュラルとはいえ、なんとなく

「カツラかな?」って思うことってありますよね。

手塚さんが急にウィッグを着用していたのは

その下に超個性的なベリーショートヘアが隠されているのです^^

手塚さんは白髪に挑戦するだけじゃなく

パーソナルトレーナーをつけ

電車では座らない2駅程度なら歩く

など体幹をしっかり鍛えているそうです。

米澤式健顔も、6年続けているんですって。

「白髪移行期の過ごし方で多いのは」

一度ショートカットにしながら、ブリーチを入れて髪のいろを明るくしながら白髪を育てて行く方法

美容室でやってもらうならこの方法が一番多いかもしれませんね

ちょっと手間とお金がかかりますが、途中の過程を楽しめるのが利点ですね。

歌手の中尾ミエさんも白髪の移行期はブリーチを入れていたそうです。

ほかには、白髪が生えそろうまでカラートリートメントで染め続ける方法もあります。

カラートリートメントなら自宅で染めることができるので、
あまり美容室に行きたくな人はこちらがおすすめです。

美容ジャーナリストの斎藤薫さんは毛染めをやめてカラートリートメントにして

白髪に移行しているそうです。

染めるのを止めたら、徐々に元の色に戻っていくので挑戦しやすいもカラートリートメントですね。

少し前までは、女優さんで白髪のままで居る人はごく少なかったですが

手塚理美さんの他、萩尾みどりさんも白髪を目指して移行中

白髪にする選択もありだよ!

と良いイメージがどんどん広がりそうですね♪

私はまだ白髪にするには、ちょっと白髪の量が少ないので、

カラートリートメントにして、髪を傷めないようにしつつ

数年後にカッコ良い白髪を目指してます♪

カラートリートメントなので染めるのをやめると

本来の髪色にもどります。

ときどきあえてカラートリートメントで染めないで

現在の白髪状況をチェックしたりもしています^^

染まりやすいカラートリートメント私のイチオシはこちら>>>

スポンサーリンク
アラフィフ薄毛(大)
アラフィフ薄毛(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする